過去ログ

あなたは現在、April 2008 の過去ログを見ています。

 : 2008年04月12日(土曜日)

カテゴリー: 日常
投稿: nishimura
次回発売の龍図の柄のイメージが数枚できあがりました。
今回も控えめで上品な、それでいて存在感のある、
そんな龍をイメージして描いております。

龍といえば、角は鹿、頭は駱駝、眼は兎、体は蛇、腹は蜃
鱗は魚、爪は鷹、手は虎、耳は牛に似ていると言われます。

数年前に嵐山にある大本山天竜寺の高僧の方に拝観期間でない
誰もいないある日、鍵の掛かった静かな法堂に入れてもらい、
長時間ひたすら加山又三さんの描かれた天井画の大きな雲龍図
の下で横になり、ず〜〜っと眺めていた事がありました。

龍はアゴの裏を触るととても怒るそうです。そしてそのアゴの裏
にある鱗は逆さに向いているとの事、それが逆鱗(ゲキリン)に
ふれるという言葉の由来だそうです〜、
なんて事もその時に聞きました。

今回の龍図もまたいい感じです。
龍図
西村

桜の下で早朝訓練 : 2008年04月06日(日曜日)

カテゴリー: 日常
投稿: nishimura
ここ数日いそがしくさせていただきまして
花見どころではないなぁ〜なんて思っていたら
なんと綺麗な桜の木の下での消防訓練〜

休憩中に桜を眺めながらお茶を飲んでいると
フッとアイデアが〜

環境が変わると発想もやわらかくなるのでしょうか
早速忘れないうちにメモをとり訓練が終わると
真っ先にアトリエへ・・・

来月頃に新柄で商品化したいと思います〜
いい感じです。
消防器具
西村

春の景色 : 2008年04月02日(水曜日)

カテゴリー: 日常
投稿: nishimura
裏のお寺、立本寺は桜が咲き小鳥が飛び美しい情景です。
日本画のような感じです。

早起きをしたので少し散歩に。
石灯籠の下に腰を下ろしてボォーと眺めていました。
桜石灯籠
今日も書をひとつ。
鳥歌花舞
「鳥歌花舞」
美しい季節です。
桜桜路
西村