過去ログ

あなたは現在、August 2007 の過去ログを見ています。

『第20回 JAL金閣寺音舞台』 : 2007年08月31日(金曜日)

カテゴリー: 日常
投稿: nishimura
9月8日に、通称「金閣寺」として親しまれている
臨済宗相国寺派の禅寺「鹿苑寺」にて行われる
『第20回 JAL金閣寺音舞台』の招待券をいただきました。

金閣寺大好きっ子の私にとっては大変うれしく
しかも開演が夜なので楽しみでしかたがありません。

朝、昼の金閣寺は五百回、いや千回以上は行ってい
ますが夜の金閣寺は一度もいったことがありませんし
通常拝観もしていません。
しかもそんな中で音楽が聴けるとはうれしい限りです。

歩いていこうかなぁ〜、自転車でいこうかなぁ〜
ん〜当日が待ち遠しいなぁ〜
金閣寺音舞台
→ JAL音舞台シリーズについて

西村

相国寺の禅林文化 : 2007年08月30日(木曜日)

カテゴリー: お知らせ
投稿: nishimura
相国寺承天閣美術館で開催される
「相国寺の禅林文化」-室町から近世へ-
のポスターが届きました。

早速アトリエ前に掲示しました。

会期は平成19年9月15日(日)〜20年3月23日(日)
休館 平成19年12月10日〜12月14 展示替休館
    平成19年12月27日〜20年1月5日 年末年始休館

今回も楽しみです。
ポスター
西村

ギャラリー巡り : 2007年08月29日(水曜日)

カテゴリー: 日常
投稿: nishimura
久しぶりに三条辺りをブラブラと。

所々にあるギャラリーに入りました。

様々なアーティストがいて様々な作品を拝見させてもらいました。
癒されたり、勇気づけられたり、考えさせられたり、作品が放つオーラを感じます。

やっぱりアートはいいですね。

ちょっと最近また西陣にこもりっきりになっていたせいかとても新鮮。
新たなエネルギーをもらいました。
西村

アゲハ蝶がやって来た : 2007年08月28日(火曜日)

カテゴリー: 日常
投稿: nishimura
アトリエの前の植木の花によく蝶がヒラヒラとやってきます。
いつもはオレンジ色のチョウチョさんがヒラヒラ〜リと
おみえになられるんですがここ2.3日はお休み。
どうも夏バテ?

かわりに珍しく綺麗なアゲハ蝶がやってきました。

そういえば今日はジャポリズムで誕生日の方がいます。
いつものオレンジ色のチョウチョさんが今日は特別にドレスアップして
お祝いに来てくれたのでしょうか?

私の誕生日にも来てくれるかな、冬やし無理か残念。
アゲハ蝶
西村

風神雷神 : 2007年08月27日(月曜日)

カテゴリー: お知らせ
投稿: nishimura
風神雷神図のTシャツが、フロントワッペン、バック抜染加工で
人気の青龍図、鳳凰図、雲龍図のシリーズにに続いて加わります。
リクエストが多くお待たせいたしましたが9月上旬より発売開始
予定です。こちらの方も是非よろしくお願い致します。
西村

鷺草 : 2007年08月26日(日曜日)

カテゴリー: 日常
投稿: nishimura
昨日の法事の時に伯父より私にと鷺草をいいただきました。
わざわざ忍者で有名な滋賀県甲賀より持って来ていただきました。
思ってもいなかった、ありがたいとてもうれしいプレゼントです。

風が吹き鷺草の皆飛ぶが如く  高浜虚子。

鷺草が風に揺れている様子を詠んだ句です。
本当に鷺が飛んでいるかのように花が咲いています。
細い茎だけれどしっかり花を支えてます。
それでいて可憐で優しい雰囲気を放ちとても美しい花です。

花言葉には神秘、夢でも想う、心の強さ、繊細、発展、など・・・

繊細でいて強い心を、そして益々の発展へと、夢はふくらみます。
さぁがんばります!
鷺草
西村

特別な天神さん : 2007年08月25日(土曜日)

カテゴリー: 日常
投稿: nishimura
今日は25日で天神さんの縁日です。
そして亡き父の3回忌の法要の日。

昼食を親族で天神さんの東、上七軒のおかもと紅梅庵でとりました。
おいしい食事をしながら今日ばかりはいろいろな事を思い出します。
悲しい事が一気に押し寄せ苦しい時もありましたが
今は感謝の気持ちで一杯です。

ふと思います、68で亡くなった父ですが多くの方が命日を覚えてくださっています。
あれから2年も経っているのに・・・・
自分も沢山の人に慕ってもらえ大切にしてもらえる様な人間になりたいなぁなんて。

そんな父を超えられる人間になれるように日々がんばりたいと思います。
「平常心是道」何でもない日常が積み重なって道となる、なんでもないその一日が
大切。丁寧に大切に。こんな話をしてくれた事もありました。

最後に大きな目標を残してくれました。
ありがとうお父さん。超える壁は大きいなぁ〜。
昼食
西村

型作り : 2007年08月24日(金曜日)

カテゴリー: 日常
投稿: nishimura
ここ数日間集中して描いていたデザインがあがり次はサンプル制作へと進みます。
次回発売のTシャツシリーズのサンプル用の型を今回は自分で作ってみました。

製版、生産はいつも自分ではしないのですが、久しぶりに挑戦。
なんだか新鮮。仕事が、た〜の〜し〜い〜と感じます。
美大時代の版画での実習でシルクスクリーンを学んでいた事を思い出します。

製版、プリントを自分で行うといってもこの分野での専門家、高瀬氏の細かなアドバイス、
高度な技術を学ばせていただきながら制作しておりますので製品としては
折り紙付きです。

9月上旬から新商品が続々と発売の予定です。
どうぞお楽しみに。
西村

ソフトボール大会に向けて : 2007年08月23日(木曜日)

カテゴリー: 日常
投稿: nishimura
全く運動をしていない日々。

来月2日に学区内のソフトボール大会に
出る事になりました。
私の所属する二番町チームメンバーはギリギリの
9人でエントリー。しかも50代、60代のチームです。
プラス30代が二人、そのうち一人が私です。
センター、レフトあたりで走り回らなくてはならない
ハ〜ドなポジションに自動的になりそうです。ツラ〜い。

この運動不足と、動く事を忘れてしまっている運動神経。固い体。
学生時代まではバリバリの体育系で、体力ないとか、歳とって動けない、
しんどい、とか言われることが全くわからなかったのですが、今回
それから15年ほど経ちその言葉の意味がよくわかります。

なので、いきなり動くのも恐い感じで、大会当日まで柔軟体操と
ジョギング、軽いウェイトトレをはじめました。
三日坊主で終わらないように、体調を整えていきたいと思います。

出るからにはホームラン狙います!
グラブ

西村

京都屋さん : 2007年08月22日(水曜日)

カテゴリー: 日常
投稿: nishimura
本日は(株)京都屋の片岡(社長)さんに高倉通り姉小路の
光泉洞さんでおいしいランチをごちそうになりました。

京都屋さんは2ヶ月後の10月末に、
光泉洞さんのとなりで(今建設中の現代風町家で)和のショップを開かれます。
(お店の名前も会社名と同じ「京都屋」です)

今日は、建設中の様子やこの界隈を案内していただき
勉強させていただきました。
また新たな名所、話題の名店ができそうです。

ジャポリズムも京都屋さんのショップに商品を置かせていただきます。

片岡社長も私と同じ西陣生まれの西陣育ちの方で、
ついつい地元のディープな話になってしまいました。
またそれが楽しくて、ニコニコな時間を過ごさせていただきました。

地元の方だけでなく、紅葉のシーズン京都に来られる予定のある方が
おられましたら是非、高倉通り姉小路通り角にオープンの
京都屋さんへお越し下さい。(^-^)

京都屋

京都屋さんの公式ブログはこちら → http://kyotoya.kyo2.jp/

お店ができてくる様子が順次アップされていて、
ついついアクセスしてしまう素敵なブログです。
お店のオープンが楽しみです。

西村

骨董品 : 2007年08月21日(火曜日)

カテゴリー: 社寺仏閣
投稿: nishimura
今日はとある骨董品を探しに東寺の弘法さんにでかけました。
弘法さんは毎月21日、天神さんは25日に露店が並び賑わいます。

天神さんは歩いてすぐ行けるのですが、今回25日の縁日まで待てず
21日だったので今日、わざわざ東寺の弘法さんへ車で出かけてみました。

ちょっとヒラメキがあって、古道具を次の新商品にいかしてみようかと
浮かんできたからなのです。今もいろいろ構想が湧いてきます。
さぁ制作にかかります。乞うご期待!
東寺
西村

すずむし : 2007年08月20日(月曜日)

カテゴリー: 日常
投稿: nishimura
家の中に何か黒い物体が!

身構えると、なんと鈴虫。

涼しげになく鈴虫がこんな家の中にいました。

その昔、源氏物語にもこの鈴虫の鳴き声は登場してきます。

この鳴き声を貴族達が好み、詩を詠んだり宴をしたりしていたようです。
なんだか少し雅になれそうなと思いきや
この鈴虫はメスでした。
なので残念ながらなきません。

まだまだ雅な世界にはほど遠い〜
鈴虫
西村

公園そうじ : 2007年08月19日(日曜日)

カテゴリー: 日常
投稿: nishimura
月1回の町内での仁和公園のそうじの日。
ここは本山立本寺と、となり合わせで私の幼少時代からの、親しみのある遊び場です。

花火のゴミやあき缶なんかが夏休みなので多いと思いきや、そうでもなく。
自然な小枝、落ち葉などのゴミが多く、いつも美しくすることで皆のマナーがよくなっているのがよくわかります。

今回はセミの死骸が多く、いくら暑い夏日が続いていても、
もう夏の終わりがそこまでやってきているのを感じます。

梅雨があけてから雨も少なく、公園の花壇の花たちもぐったりでしたが、
水をまいたら、シャキッと美しく変身しました。
家に帰り、私も水をあび、シャキッと夏バテから解放?
された気分になりました。

西村

地蔵盆 : 2007年08月18日(土曜日)

カテゴリー: イベント
投稿: nishimura
二番町での地蔵盆(私が属している地域が上京区の二番町になる)。
お地蔵さんをきれいに飾り付け。
お地蔵さんの前に集まり、ワイワイ、ガヤガヤ。
子供の頃も今も、楽しみの日です。

当たり前のように幼い頃から、地蔵盆という行事を行っていますが、
地蔵盆で使う飾り付けの装飾品や器など相当古くから町内で使っているようで
お膳なんかは、寛延元年の文字が。
時代でいうと、暴れん坊将軍 吉宗の頃からあるという事になります。

町内で伝わる、こういった古いものを出し合えば、博物館で特別展ができるよなぁ〜
なんて、身近な伝統を感じ、そして今長い歴史の年表の中で自分にバトンがまわってきて
いる事に気付いた様な、そんな一日でした。

地蔵さん

西村

堀文子展 : 2007年08月17日(金曜日)

カテゴリー: おでかけ
投稿: nishimura
高島屋京都店で開かれている堀文子展へ行きました。
いろいろな画風の作品があり、一人のひとが描かれたの?と驚きます。
日本画でこんなにもいろいろなスタイルがあるとは、びっくりです。
年代によりもちろん作風が変わってきているのですが、すべてにおいて
色彩がとてもやさしい、素直さ、あたたかさを感じます。
草花、鳥、動物に風景、そしてクラゲやミジンコまで・・・
ひとつひとつが美しく描かれていたり、ユーモラスに描かれていたり、
すべての生命体に仏性を感じさせるというか命の不思議さ大切さ、あたたかさを
さりげなく感じる事が出来ました。素晴らしい展示でした。

堀文子図録

西村

大文字送り火 : 2007年08月16日(木曜日)

カテゴリー: おでかけ
投稿: nishimura
お盆の最終日は、五山の送り火の日です。

・大文字
・妙法
・船形
・左大文字
・鳥居形

今年は、初めて鳥居形を見ました。
家の外に一歩出れば、大文字、左大文字が見えるのですが
鳥居形は、山も小さく京都でも西の方角にあるので、近くに行かないと見せません。

大好きな嵐山の渡月橋から眺めました。
川では灯籠流しも行われており、露店やお店も出ており、にぎやかで楽しい雰囲気でした。

お盆も終わり、夏も終盤。
なぜか夏の終わりは、さみしい気分に少しなります。

センチメンタル?
灯籠流し
西村

猛暑の夕焼け : 2007年08月15日(水曜日)

カテゴリー: 日常
投稿: nishimura
暑い日が連日続いています。
仕事を終えて西の空を見ると、キレイな夕焼けが。
つかの間、暑さを忘れました。

いや、しかし暑いですね・・・。
猛暑の夕焼け
西村

フィラデルフィア美術展 : 2007年08月14日(火曜日)

カテゴリー: 美術と歴史
投稿: nishimura
「フィラデルフィア美術展 〜印象派と20世紀の美術〜」を
京都市美術館へ見に行きました。

フィラデルフィア美術館は、中世ルネサンスから現代に至る25万点以上もの
コレクションを誇るアメリカ屈指の美術館。
どんな展示が見られるのかワクワクしました。

展示内容は、19世紀のコロー、クールベ、マネからはじまり印象派のルノワール、モネ、
そしてゴッホ、ゴーギャン、セザンヌを経て、ピカソ、カンディンスキー、マティス、
デュシャン、シャガール、ミロ、マルグリットらヨーロッパの巨匠たち。
ホーマー、オキーフ、ワイエスなど、アメリカ人がかも加わり、見応えのある展示でした。

中でも、ルノワールの人物画の生き生きとした色彩美は、素晴らしいものでした。
日本美術にはない、良さ、美しさというのも、いいものですね。
感動しました。

フィラデルフィア美術展入口

西村

クジャクの羽で書いてみる : 2007年08月13日(月曜日)

カテゴリー: 学び
投稿: nishimura
クジャクの羽で、書を書いています。

クジャクの羽の美しさに惑わされているような。
何とも、使いにくく難しい筆です。

とりあえず、1000枚ほど書いてみようかとはじめています。
一筋縄ではいかない孔雀筆。
孔雀の書
西村

シルクスクリーンの専門家 : 2007年08月12日(日曜日)

カテゴリー: イベント
投稿: nishimura
いつもお世話になっているお隣のアトリエの
シルクスクリーンの専門家(高度な技で仙人とも呼ばれる)
高瀬さんにさまざまな技術を教わりました。
ジャポリズムのプリント台もスクリーン型もプリントに関するモノ
もほとんど高瀬さん製もしくは高瀬さんアドバイスです。

油性シルクスクリーンに関するご用命がありましたら
是非、高瀬専門家へ ジャポリズム道を見たと言って下さい。
TEL075-461-3075
型
西村

蝶舞う : 2007年08月11日(土曜日)

カテゴリー: 日常
投稿: nishimura
酷暑の中、窓から外を見ると一匹の蝶が
ヒラヒラと花にとまってはミツを吸い
またヒラヒラと。
蝶
そんなに強い日差しあたってだいじょ〜ぶかぁ
日焼けするよぉ〜
夏バテすんでぇ〜
西村

陶器市 : 2007年08月10日(金曜日)

カテゴリー: おでかけ
投稿: nishimura
清水の五条坂で開かれている陶器市に行きました。
昼間は暑いので少し日が落ちた夕方頃からでかけ
色々と露店に並ぶ陶器を眺めながら楽しみました。

老舗から若手作家さんの品まで沢山の陶器が並んでました。
白いなんとも優しい感じの器が若手作家さんの露店に売られていたので
とても気に入り一つ購入しました。

帰りに居酒屋に寄りましたがいつもより器が気になり、この料理には
さっき売られていたあの器を使って、この料理にはさっきの・・・・

いろいろ勝手な想像で料理もおいしく楽しくいただきました。
陶器市陶器市二
西村

墓参り : 2007年08月09日(木曜日)

カテゴリー: 社寺仏閣
投稿: nishimura
涼しい午前中に墓参りへと、
浄土宗大本山知恩寺に向かいました。
ここは毎月15日に手作り市が開かれ賑わいます。

午前中でも猛暑です。
セミが大きな声で鳴いています。
セミは暑くないのでしょうか?
鳴きすぎて喉が渇いたりしないのでしょうか?
なんて考えてみたり。

暦の上ではもう秋になりましたね。
セミの声もどことなく悲しげに聞こえます。
寺壁
西村

パチパチの日 : 2007年08月08日(水曜日)

カテゴリー: イベント
投稿: nishimura
8月8日は琵琶湖の花火大会の日。
本日大勢の中、観覧に行ってきました。
黒い大空の大画面に美しい色彩が迫力ある音とともに大きく
飛び散ります。まさに大芸術。感動です。
花火
西村

早朝座禅 : 2007年08月07日(火曜日)

カテゴリー: 社寺仏閣
投稿: nishimura
朝早く目が覚めたので近くの臨済宗妙心寺派大本山妙心寺へ
座禅に行きました。
早朝なのに蒸し暑く、清々しくない朝でした。
座禅を組んでいてもジト〜と汗ばんできます。
いつの頃か途中で眠くなってきたのか、鐘の音を聞いてビクッと。
多分、寝てた?

狩野探幽、益信の障壁画に囲まれての座禅。これらの障壁画が作り出す空間と
南の枯山水庭園からのたまに吹く風が気持ちよかったのでしょうか。
座禅方丈妙心寺参道
西村

夏真っ盛り : 2007年08月06日(月曜日)

カテゴリー: 日常
投稿: nishimura
炎天下での自転車はさすがにキツいです。
木陰を探してちょっと一息。
堀川歩道
(二条城前の堀川の歩道)
西村

消防巡回広報の日 : 2007年08月05日(日曜日)

カテゴリー: 日常
投稿: nishimura
今日は長〜い会議となりました。
来月の鴨川訓練の事、仁和まつりの事、そして団の半纏、ハッピ、
ジャンパー、何かお揃いのものを作ろうと等々。
いずれにせよ火事や災害がなくこんな問題を話せている事が平和だなぁ〜
なんて感じます。無火災、無災害続いてほしいです。
西村

お地蔵さんのうちあわせ : 2007年08月04日(土曜日)

カテゴリー: 日常
投稿: nishimura
京都には地蔵盆という行事が古くから有ります。
お地蔵さんの前に町内の子供たちが集まり、数珠回しをしたり
お菓子を食べたり、金魚すくい、スイカ割り、福引き等
楽しい企画が一杯です。
子供のためのお祭りみたいなもので8/22,23
辺りに行われますが、最近ではその近くの土日に行う
町内や二日間の日程を一日だけに短縮し行われる町内も多いようです。
ジャポリズムのある二番町は今年は18日に行います。

最近では子供のお祭りと言いながら私も含め大人がおおいに
楽しんでおります。またこの時ばかり町内を離れたは幼なじみ達も子供達を連れ
帰ってきます。一年で一番町内が賑やかになる日です。
楽しい地蔵盆ですが地蔵盆が来ると夏休みもあとわずか、宿題に追われて
大変!そんな思い出がよみがえります。あ〜大人でよかった〜
お地蔵さん
西村

相国寺の暁天講座二日目 : 2007年08月03日(金曜日)

カテゴリー: 社寺仏閣
投稿: nishimura
本日も早朝五時前、綺麗な朝焼けの中、相国寺へとむかいました。
大通りの今出川通り、烏丸通りはまだ車も人もありません。
朝焼け一朝焼け二
昨日と同様五時半座禅、六時講話、七時朝粥接待というスケジュール。
座禅
今日のお話は京都市美術館館長の村井康彦先生による
「一期一会」についてでした。
山上宗二記、井伊直弼 茶湯一会集、世阿弥の風姿花伝などから
探ってみる興味深いお話でした。
普段あたりまえの様に顔を会わせている間柄でも明日は会えないかもしれない
そんな思いで相手を敬う気持ちを忘れてはいけないという言葉を聞き
振り返って今の自分において考えさせられる機会をもらいました。
これがわかっているようでついつい忘れがちになってしまう、
むずかしいですよね〜。

その後、朝粥をいただき二日間の暁天講座を終えました。

方丈から北庭石組
写真左/方丈から北庭 写真右/石組
床石枯山水白砂
写真左/床石 写真右/枯山水白砂
石畳模様枯山水白砂二
写真左/畳模様 写真右/枯山水白砂二

西村

相国寺の暁天講座 : 2007年08月02日(木曜日)

カテゴリー: 社寺仏閣
投稿: nishimura
早朝五時より臨済宗相国寺派大本山相国寺へと向かいました。
今日と明日は暁天講座が開かれます。
五時半より座禅、六時より講話、七時より朝粥接待というスケジュールです。

座禅は方丈で行われすぐ後ろには綺麗な絵が描かれた古い貴重な襖絵がすぐそこに、
そして北と南には立派な庭があり、歴史を感じるまさに日本美術の空間の中での座禅です。
明け方の方丈
薄暗い明け方から少しずつ変わっていく光の加減がとてもいい感じをつくりだします。
瓦の黒、室内の暗さの黒、陰の黒、そして明るくなるにしたがって
白壁や白砂の白がはっきりと見え、黒と白とのコントラストが時間によりとても美しく
変化していきます。
明け方の方丈二
方丈北庭
講話は有馬管長さんによる相国寺中興の祖、西笑承兌のお話がありました。
中国からの禅の歴史、達磨さん、空海、最長、秀吉、家康などのお話を交えながら、
時にはおもしろおかしく、そしてわかりやすいお話を聞かせていただきました。

その後記念写真を撮り朝粥へと。

お粥と少しのお漬け物。食事五観の偈を唱えてからの食事。
朝粥
一つには功の多少を計り彼の来處を計る
(この食事がここに運ばれるまでの多くの人々の苦労に感謝いたします)
二つには己が徳行の全闕を計って供に應ず
(私自身はこの食事を頂くために、日ごろ善い行いをしているかどうか反省します)
三つには心を防ぎ過貪等を離る々を宗とす
(心を落ち着けて、必要以上に多くをむさぼらない様注意します)
四つには正に良薬を事とするは形枯を療ぜんが為なり
(この食事は飢えや渇きを治し、病気を予防する良き薬でもあります)
五つには道業を成ぜんが為に当に此の食を受くべし
(これからも一層精進努力するために、この食事を頂きます)

食べる事があたりまえのようになってしまっている今日、大切な事を再確認し
おいしくいただきました。
方丈から法堂を見る
西村

油性プリント : 2007年08月01日(水曜日)

カテゴリー: 学び
投稿: nishimura
アトリエのご近所さんで油性のシルクスクリーンプリントをされている
職人さんが「ちょっと来てみいひんかぁ〜」と呼びに来てくれました。

何、何?

さぁプリント加工について教えてあげよう!と突然です。

油性プリントは初体験です。どのようなものに加工できるのか、
どのような材料を使うのか、薬品、型、プリント法などをじっくり教えていただきました。
そして最後は実習までやらさせていただき技術的な面まで教わりました。
「今後のデザイン、創作、商品開発に役立てて」とありがたい授業です。

作品や商品に対する思い、デザインや今後のジャポリズムの動き方にも
アドバイスをいただき本当にいい体験をさせていただきました。感謝です。

油性の工房

西村